ファビオ・ルイージ指揮ウィーン交響楽団 (2006.11.9)

ファビオ・ルイージ指揮ウィーン交響楽団 (2006.11.9)

ファビオ・ルイージ指揮
ウィーン交響楽団
上原 彩子(ピアノ)

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」~序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番
モーツァルト:交響曲第40番
モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」~序曲(アンコール)
ヨハン&ヨゼフ・シュトラウス:ピチカートポルカ

2006年11月9日
NHKホール
NHK音楽祭2006~体感モーツァルト~

NHK-FM

ファビオ・ルイージとウィーン響のNHK音楽祭2006でのオール・モーツァルトプロを聴いた。このコンビは最近FMにて本拠演奏のメンデルスゾーンの『聖パウロ』が紹介されている。ルイージはMDR響やNHK響との共演でFMへの登場回数は増えている。
演奏は冒頭のフィガロからルイージの職人肌を感じる。無駄がなくきびきびとした演奏だ。上原を迎えたピアノ協奏曲は上原がいまいちモーツァルトをまだ手中に納めていないようでルイージの伴奏が絶品なだけに残念。
メインの40番はすごく暗い演奏でこんなにも深刻な曲なのかと思い知らされた。アンコールの『後宮』も名演。
今年、ルイージはドレスデン国立歌劇場のポストに就く。オペラ分野での活躍はもちろんドイツの伝統が息づいてるシュターツカペレ・ドレスデンでの活躍に今からわくわくしている。
[PR]