大植英次指揮大阪フィルハーモニー交響楽団 (2005.3.18)

大植 英次 指揮
大阪フィルハーモニー交響楽団

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

2005年3月18日
大阪、ザ・シンフォニーホール

大植英治と大阪フィルのマーラーの6番を聴いた。この2月には東京公演でこのコンビは9番を演奏する。大植のマーラーというと勝手に濃密系のマーラーを想像するがこの6番は違う。第一楽章から厳しく音楽を進めはきはきした音楽が貫かれる。しかしながらアンダンテ楽章は濃密だったし第4楽章は熱演でなかなか良い演奏だった。ちなみにSA型の演奏である。こっちのほうが自然に聞けて良い。
このマラ6は東京での録音がCD化されているのでこの本拠大阪でのライブは貴重。ブル8、タコ7、英雄の生涯、チャイ5、マラ9と重量路線できているので次は何を聴かせてくれるのか楽しみである。
ところで、マーラーの6番はFMでも意外と大量に放送されていてソースに困ることがない。アバド/ベルリン・フィル、ラトル/ウィーン&ベルリン合同、ヤンソンス/コンセルトヘボウなどがある。
[PR]