セミヨン・ビシュコフ指揮ケルンWDR交響楽団(2007.12.14)

ビシュコフ&WDR 最新ライブ

セミヨン・ビシュコフ指揮
ケルンWDR交響楽団

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
イーゴリ・チェトゥーエフ(p)
チャイコフスキー:組曲「くるみ割り人形」
チャイコフスキー:幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

2007年12月14日
ケルン、フィルハーモニー


ビシュコフとケルンWDR響の昨年暮れの演奏を聴いた。ビシュコフのチャイコフスキーといえば、2003年にウィーンpoとザルツブルクで魅せた交響曲第5番でもの凄い興奮させられたが、この演奏会はそうでもなかった。
前半のピアノ協奏曲第3楽章こそ盛り上がったものの全体的に平凡な演奏だった。「くるみ」も平凡でただただ音楽なっているだけのようだった。それでも最後の「フランチェスカ」ではビシュコフの本能か、轟音を轟かせて聴衆の喝采をさらっていた。
「フランチェスカ」だが、日本ではフェドセーエフが東京フィルとやったものが比較的最近放送されていたと記憶しているが、この時はバスドラをいかに0dbにいれるかとなんテイクもディスク化に専念した覚えがある。

CDR:WDR-071214-A/-B
[PR]